チワワの体重管理は健康管理の第一歩

体重量ってますか?
体重管理は犬の健康管理の第一歩です。
日々、チワワの健康の為に体重を量りましょう。

体重オーバーに御注意を

 

 


人も犬も、必要以上に体重が増えるのは好ましく有りません。
内臓疾患に加え、特にチワワのように骨格の華奢な犬は、体重が増加すると脚への負担が大きく成るので怪我のリスクが高まります。
適正体重をオーバーしないように、食事量やおやつを含めた摂取カロリーに気をつけましょう。

チワワの適正体重

ジャパンケネルクラブでは、チワワの理想体重は1.5~3kgとされていますが、個体差が有るので一概には言えません。
骨格が大柄な個体と小さな個体とでは、目指すべき体重のラインはおのずと変わってきます。
従って、3kg越えているから肥満とか、3kg超えてないからセーフとは言えません。

全ては個体差次第なので、罹り付けの獣医師に判断して貰うのが一番確実でしょう。
医師なら触るだけで解るので、目標とすべき体重のアドバイスもきっと得られるので相談しましょう。

体重測定方法

タニタ ベビースケール BB-105 IV nometa 授乳量機能付き 飲んだミルクの量が1g単位でわかる

新品価格
¥9,800から
(2019/2/26 17:25時点)

 

 


小さな頃より体重計に乗せておけば、嫌がることなくスムーズに乗ってくれます。

これは元々人の赤ちゃん用の体重計です。
概ね10kg程度まで測定出来る物が多いので、チワワは勿論トイプードルクラスでも無理なく体重が量れます。
チワワのような小型犬の体重測定は、恐らくこのべビースケールを使った方法が一番簡単だと思われます。

体重は、食事量や水の飲む量、または排泄量によって微妙に増減します。
特に体重3kg程度のチワワなら、その影響も少なく有りません。
体重測定においては毎日決まった時間の決まったタイミングで行う事で、より正確なデータが得られます。
逆に、毎回違ったタイミングではデータとしてはいまいちと言わざるを得ないでしょう。
タイミングは自由ですが、毎回同じタイミングで計ることが重要と成ります。

我が家では、朝食の直前に体重測定を行っています。
食事前の決まったタイミングで測定値は安定し、また体重測定直後の食事は体重を量った事に対するご褒美とも成るので、暫く続けると喜んで体重計に乗ってくれるように成るでしょう。

なお体重計裏側の脚で測定を行っているタイプは、カーペットや絨毯等の柔らかい床では正しく測定出来ません。
フローリングやテーブルの上などの、下がしっかりと固い所で測定する必要が有るので要注意です。

体重測定はチワワの健康管理の基本です。
フード量の目安にも成るので、体重測定を習慣着ける事をお勧めします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする