チワワの医療費 1年目/2年目以降は?

 

 


チワワの最低限必要な医療費です。

1年目でおよそ10万円前後。
2年目以降は3万円前後が一般的です。
その内訳を見ていきましょう。

チワワの年間医療費 1年目/2年目以降

医療費内訳 1年目 2年目以降
混合ワクチン 24,300円(8,100円x3回) 8,100円
狂犬病ワクチン/注射済票交付/鑑札登録 6,650円(鑑札/注射済票交付含む) 3,350円(注射済票交付含む)
避妊/去勢手術 50,000円(避妊)
30,000円(去勢)
チップ埋め込み 2,000円
残存乳歯の抜歯 1本1,500円
フィラリア薬/検査 検査2,000円+5,600円(7か月分) 検査2,000円+5,600円(7か月分)
ノミ・マダニ駆除 10,000円(フロントラインプラス12回分) 10,000円(フロントラインプラス12回分)
合計 10,2050円(雌)
82,050円(雄)
(共に残存乳歯1本の場合)
29,050円

あくまで概算です。地域や病院、犬の個体差により変化しますので一つの目安とお考え下さい。
混合ワクチンの種類、フィラリア薬の種類、ノミ・マダニ駆除剤の種類や購入先によって金額は変わります。
また、避妊や去勢をされない場合、或いは乳歯の抜歯を行わない、または二本以上の抜歯を行う場合等、状況によっても異なります。
フィラリア薬、ノミ・マダニ駆除剤はチワワ用の最小サイズで計算しています。
フィラリアの投薬については6月~12月分として計算しています。

 

 

診療費、ワクチン種別により医療費は変わりますので、一つの参考とお考え下さい。

概算として、初年度で10万円前後、その後は3万円前後が何も病気も怪我もしない健康なチワワの医療費です。
シャンプー、爪きり、歯磨き、食費、お尻絞り、耳掃除、カット、肉球ケアなどの日々のお手入れは含みません。

チワワは、あらゆる犬種の中で、食費やトリミング等の費用の面では恐らく最も安い部類に入るでしょう。
それでも、病気も怪我も一切無い健康なチワワでも、医療費としてはこれくらいは最低ラインとして必要です。

これはあくまでも最低限なので、いざと言うときでも困らない程度のお金はプールしておく事が重要でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする