|チワワ生活|チワワの医療|チワワのお手入れ|ランキング|

チワワの歯の生え変わりと抜歯

チワワの歯の生え変わり

犬の乳歯は28本有ります。
個体それぞに差は有りますが、概ね生後8週間あたりに乳歯が全て生え揃います。

その後4ヶ月~6ヶ月頃、少しずつ永久歯へと生え変わりが始まり、1歳前後で永久歯へと全て生え変わります。

永久歯の数は42本で、犬種による違いは基本的に有りません。

生え変わりのプロセスと生え変わり時の注意点

犬の歯は、前歯→犬歯→臼歯→奥歯の順に生え変わります。
特に前歯はとても小さいので、注意していないと見つからない事も多いでしょう。

抜け始めの頃は気持ち悪いのか、足でしきりに触ったり玩具を執拗に噛んだりします。
その時期に白いロープ等の噛む玩具を与えていると、ロープに血が着く事が有ります。
これは生え変わりの直前、もしくは生え変わった事を意味するサインです。

なお、生え変わりによる出血は直ぐに止まるので通常は問題有りません。
また、抜けた乳歯を飲み込んでも糞と一緒に排出されるのでこれも問題有りません。

この生え変わり時期は、口腔内に雑菌が繁殖しやすい時期です。
それにより口臭も出やすいので、優しく歯磨きをしましょう。

この時期は噛みたがるので、与える玩具は柔らかいロープや布製の噛む玩具が良いでしょう。
木製やプラスチック製の硬い玩具は歯を痛める恐れが有るので、特にこの時期は硬い玩具やアキレス腱やジャーキー等を与えないようにします。

乳歯遺残と抜歯

乳歯が残ったまま永久歯が生えてくる事が有ります。
これを乳歯遺残と呼びます。

余分な歯が生えていると歯垢が溜まりやすく、歯周病の原因となります。
噛み合わせや永久歯の成長にも問題が起こります。

自然に抜ける事も有りますが、抜けなければ1歳前後を目処に抜歯する判断を行います。
でも通常は、獣医に相談すると抜歯を薦められるでしょう。
抜歯するとなれば、歯並びや噛み合わせに影響が出る前に、出来るだけ早めに判断するのが良いでしょう。

遺残した乳歯の抜歯は、動物病院で全身麻酔を行い処置します。
我が家のチワワの場合はこのような明細に成りました。

一泊入院と成る場合、半日で済む場合、抜歯の本数等、状況によって費用は変わります。
通常ペット保険は利用できないので全額実費と成ります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする